MENU

バイアグラの特許切れでジェネリックが続々登場!

バイアグラが特許切れになり安価なバイアグラジェネリックが続々登場しています。ばいあぐらと言えば誰でも知っている有名なED治療薬ですが、特許切れになり各国の製薬会社でバイアグラのジェネリック医薬品を発売しています。勿論バイアグラの正規品も販売していますが、ジェネリックの魅力は低価格です。

 

男性はもちろん女性でも誰もが知っているバイアグラですが、発売以来ベストセラーの医薬品で特別に宣伝しなくても勃起不全、中折れになると誰でも使いたがる医薬品です。

 

しかし先発品のバイアグラは特別な医薬品なので価格が高く、使いたくても使えない医薬品でした。病院処方ですと50ng錠が1錠で1,800円〜2,000円もするので息子の調子が悪いからと感冒薬のように気軽に使いきれないものですが、ありました。

 

EDは病気の一種ですが、健康保険が適用させん。もし保険が適用されるなら自己負担は3割なので1,000円のものは300円。2,000円のものは600円を負担すればいいのですが全額自己負担となっています。

 

バイアグラなどのED治療薬の場合は「病気自体を治す薬ではない!」という理由から保険適用外になっています。他の先進諸国では保険適用のところが多くG7 では残念ながら日本だけが保険適用外となっています。

 

しかしバイアグラは2014年に特許切れになり、世界の製薬会社は先発品のバイアグラの有効成分を使い後発品のジェネリック医薬品を製造販売できるようになりました。

 

その結果現在は多くのバイアグラジェネリックが登場しています。

バイアグラのジェネリック

日本でも認可されているバイアグラのジェネリック医薬品があります。東和薬品のシルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」、キッセイ薬品のシルデナフィル錠 50mg VI「キッセイ」です。どちらも病院処方で50mg錠が1錠で1,000円から1,200円前後(診察料は別途かかります。)で処方されているようです。

 

「カマグラ」「カベルタ」「シラグラ」と言ったバイアグラジェネリックもありますが、これらは海外で認可されているバイアグラジェネリックなので、日本で処方されることはありません。

 

ネット通販で購入できるのは個人輸入代行だけです。

バイアグラのジェネリック医薬品

海外では日本で認可されていない100mg錠が人気があるようです。(日本で認可されているのは25mg錠50mg錠です。)
日本人は50mgで十分効果が出ますので、100mg錠を購入しピルカッターなどで半分にカットして使うと更にコストを下げることが出来ます。

 

購入する量にもよりますが、100mg錠は1錠でおよそ200円前後で購入できます。
これを半分にカットするだけで50mgになりますので、1回の使用分で約100円と言うことになります。
コンビニのコーヒー1杯分と比較しても、これだけコスパに優れていますので、無理をしないで自分のお小遣いからでも余裕で購入することが出来ます。

 

 

バイアグラ・ジェネリック100mg(シログラ)

バイアグラ・ジェネリック100mg(シログラ) バイアグラジェネリック 100mg錠

 1箱4錠入 1錠175円〜

 

カマグラゴールドと並び人気のバイアグラジェネリックです。
日本語説明書付属の人気商品です。

≫詳細ページ

センフォース100mg(バイアグラジェネリック)

セントフォース個人輸入 バイアグラジェネリック 100mg錠

1箱10錠入 1錠98円〜

 

1箱10錠入りでコストパフォーマンスの高いバイアグラジェネリックです。

≫詳細ページ

ゼネグラ(バイアグラジェネリック)100mg

ゼネグラ、バイアグラ個人輸入 バイアグラジェネリック 100mg錠

1箱8錠入 1錠122円〜

 

比較的コストが安いため人気急上昇の商品です。

≫詳細ページ

シルジョイ100mg

シルジョイ100mg バイアグラジェネリック 100mg錠

 1箱4錠入 1錠178円〜

 

バイアグラジェネリックの中でも根強いファンがいるED治療薬です。

≫詳細ページ